ウルトラアートの軌跡  1

すべての始まり

 

「ウルトラアート」という言葉を最初に聞いたのは2012年の暮れに差し掛かったころ。フェイスブックを通じて知り合った北野道規さん(マシロ、のみフェス統括ディレクター)の口からだった。はじめは「アート」でも「能美市」でもなく、1枚の白山の写真がつないだ出会い。初対面で3時間以上話し込みそろそろお暇しようとした時、私が能美市在住と知って、北野さんが持ち出したのが能美市の観光アクションプランだ。

「地域の宝を磨いて市民が参加するトリエンナーレ型のアートフェスティバル」

能美市で生まれ育った者としては「能美市でアート?」と思いつつ、北野さんの熱いトークに引き込まれて、その可能性に胸が高鳴っていったのを思い出す。

 

 北野さんと知り合うきっかけとなった枚 (白山・室堂からの別山)

年が明け、まだ雪の残る晩、アーティスト村のとある家に6人の大人たちが集まった。BLUEこと戸田秀昭さん(アーティスト村)、河上千秋さん(能美市ふるさと振興公社)、小西暢広さん(TAKATA建築・統括マネージャー)。年齢も職業も違う、私にとって北野さん・中尾和美さん(マシロ・デザイナー)夫妻以外は初対面だ。

能美市で大きなイベントをするには能美市民の協力が欠かせない。殺伐としたこんな時代だからこそ世の中を変えたい。当たり前のことに感謝し、ふるさと能美の豊かさを分かち合いたい。傍から見るとなんて大げさで突拍子もないことを言っているのかと思われるかも知れないが、そこにいた6人は本気で能美市に新しい風を届けたいと思っていた。

 

 白山龍 / BLUE

ウルトラアートが初めてカタチになったのは2013年7月。冬の夜に誓い合ったメンバーのひとり、河上千秋さんが当時勤務していた里山の湯が舞台だ。「ひかりのゆ」・・・光のアートで温泉を極楽にしようというもの。

会場にはBLUEさん制作の「イソギンチャク」や米田毅さんのバンブー・アート「竹光星」が飾られ、玄関には白山をこよなく愛する写真家・木村芳文さんがとらえた神々しい白山の姿が映し出された。その映像を見て影絵を踏むようにはしゃぐ子どもたち。館内では美しい歌声の「ふるさと」とともに雄大な白山の映像が流れ、温泉でほっこりとした人たちをさらに極楽へと導いた。

 


超有名なアーティストが高額なギャラで設えたわけではない。それでもゼイタクな時間は創り出せる。ウルトラアートが目指すのは、お金では買えないココロのビタミンと、どこか懐かしくてそれでいて新しいアートのカタチ。心も身体も温まった、ひとりひとりの笑顔がすべてを物語っていた。

 


201377日 「ひかりのゆ」 里山の湯

九谷の地へ

 

「ひかりのゆ」は思わぬ出会いをもたらした。九谷陶芸村で働く田中洋栄さん、西田余志子さん、中田朋生さん、加藤文季子さん、久田恵已さんの5人で結成された、やまぼうし・レディース(YBL)は厳しい状況が続く業界を少しでも盛り上げたいと、いしかわ動物園の協力を得て「九谷ナイトズー」を計画。そのプロジェクトにウルトラアートも協力することになった。

20138月、真夏の土日4ディズ。炎天下で汗を滴らせながらウルトラアート・メンバーとYBLはドキドキが抑えられない。メインストリートに並んだ「竹光星」も、中央の円形モニュメントも子どもたちの格好の遊び場。陽が沈むとそこは幻想的な光のアート空間へと変わっていった。YBLはいしかわ動物園のユキヒョウ「スカイ」をモチーフにした九谷陶芸村のお姫様「九谷Love招き猫ゆっきー」を生み出し、人気者へと育て上げる。2015年秋、「のみフェス」にて、いよいよウルトラアートとゆっきーがコラボすることになる。

 



 2013810111718日 「九谷ナイトズー」 九谷陶芸村

この九谷ナイトズーでウルトラアートはもうひとつのプロジェクトに挑んだ。九谷陶芸村のシンボルで現代の九谷焼作家を代表する武腰敏昭さんが1993年に制作した、日本最大の陶器作品となるビッグモニュメントへの映像投影という未だ誰も想像しなかったアートの融合だ。ビッグモニュメントは能美市に古墳があることから銅鐸を象り、生命の尊さや自然への畏敬の念を感じられるよう森羅万象が表現されている。正面をスパッと切った形はモダンさを出すためと武腰さんは話す。

 

その巨大なスクリーンに白山の美しい風景が映し出された。想像を超えた迫力に息をのむ。ビッグモニュメントはこのために作られたのではないか・・・そんな錯覚さえ感じられた。この街の象徴としてずっと残ってほしいと願っていた武腰さんも会場に足を運び、20年の時を超えて新たな命を吹き込まれた巨大なキャンバスに心躍らせていた。

 



ビッグモニュメントには白山の風景のほか、九谷の名工たちや武腰さんの作品も投影された

地域の宝に磨きをかける・・・ウルトラアートの想いが、ビッグモニュメントによって表された瞬間だった。この後、ビッグモニュメントには能美九谷の歴史を築いた九谷庄三や赤絵の祖・斎田道開らの名品をはじめ、武腰さんや現代の佐野赤絵の第一人者・福島武山さんらの作品も映し出されることとなる。

 

 「のみフェス」ではビッグモニュメントにて「九谷陶芸村映像祭」が行なわれる


コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Mic (土曜日, 12 9月 2015 20:12)

    瞼にひとつひとつの絵が浮かんできます。
    あの日の出会い、あの日の光景を思い出しますね。多謝

  • #2

    なっちゅ (火曜日, 15 9月 2015 08:07)

    こんなプロローグがあったんですね〜。
    グングン読み進めてしまう♪

  • #3

    gucci (水曜日, 16 9月 2015 11:49)

    あっという間の2年半でしたね。
    『ひかりのゆ』では本当に極楽を見るような、
    揺らめく淡い光とそしてユライさんの魂を浄化するような音楽、
    そして木村さんや中さんのふるさとの風景を映し出し、見るものを
    幽玄の世界にいざなうような不思議な感覚になりました。

    また米田さんの竹で作ったオブジェやBlueさんのイソギンチャクなど本当に
    懐かしくすべてはここから・・・・でしたね。
    皆様に感謝です。