ウルトラアートの軌跡 3

街に元気を

 

辰口温泉の七夕縁日を終えて、ウルトラアートはいくつかのイベントにも声がかかるようになっていた。

いしかわ動物園の名物企画となっている「ナイトズー」では、「5374(ゴミナシ)」などのアプリの第一人者として活躍する福島健一郎さん(アイパブリッシング)が動物たちの映像を投影する「アニマル・プール」を披露。秋常山古墳群で行われた「古墳まつり」では、古墳そのものに映像が映し出された。ほかにもクアハウス九谷での建具を活用した光のアートなど、ウルトラアート・チームは究極の現場型で精力的に動いていった。

 


20148月 「アニマル・プール」 いしかわ動物園

20149月 「古墳まつり」 秋常山古墳群



201412月 「光の格子スタンド」 クアハウス九谷

20152月には能美根上駅のリニューアルと駅名変更に合わせて「ウルトラアート・ボード」が通りにお目見えし、地域の人たちがシール貼りに加わって祝賀ムードを盛り上げた。ボードが飾られたのは使われなくなった建物の正面。人通りも少なくなる中で、岡嶋健一さんデザインの五彩の円をあしらったデザインは華やかさだけではなく、生きる活力も与えてくれている気がした。

街に元気を。秋の本祭「のみフェス」まで半年余りとなった3月、プレイベント「GO-en(ごえん)」がウルトラアート・チームにさらなる進化をもたらした。

 


20153月 「ウルトラアート・ボード」 能美根上駅前

アーティストたちの融合

 

石川県内が北陸新幹線金沢開業に湧く中、会場となった根上総合文化会館(タント)はアーティストたちの新たなコラボで熱を帯びていた。「竹龍」の岡嶋健一さんは、カメラマン・山根勝さんらとバンブーアート・チームを編成し、全長30メートルを超える新たな「竹龍」を制作。また鳥の巣に似せた「Bird House」も創り上げた。

しなやかな曲線美がいくつも折り重なり、陽が沈むと五彩のライトが怪しく輝く。ミラーボールの灯りがまるで銀河を駆け抜けていく龍をほうふつさせた。制作期間中、寒波による強風に見舞われるなど苦労を重ねたものの、白山を仰ぎ見るこの地に誕生した2つの巨大なバンブー・アートは圧倒的な存在感を放っていた。

 


屋内では北野道規さんと米田毅さんに、ガラス作家・秋友伸隆さん(Glass Studio Cullet)、「Dragon九谷」のカップを手掛けた九谷焼作家・久田恵已さん(福久・YBLメンバー)が加わり、アートユニット「雫」を結成。「水」をテーマにした壮大なアート作品を制作した。

逆さに吊り上げられ天井を埋め尽くそうとしている真っ白な傘は、石川県のシンボル・白山を表している。五彩の光りを浴びるたびに変わる表情。影までも美しい。「五彩風船の森」から8か月。完成と同時に雄叫びを上げる米田さん。真骨頂ともいえるパラソル・アートは訪れた人の度肝を抜いた。

 


秋友さんのガラス作品のひとつ「雫」は日ごろから店頭に並ぶ人気商品。これを無数にぶら下げ、白山からの水の恵みを表している。セッティングの際、真下からカメラを向けると、「ウルトラアート・ボード」の五彩のデザインに見えてきた。透明なガラスはいくつもの光を受けて表情を変えていく。時には白山の雪どけ水。時には熱い血潮となって降り注ぐ。まるでこの巨大なアート作品の心臓部のようだ。

 


雄大なパラソルの白山、そしてガラスの雫。その下には佐野赤絵の祖・斎田道開の赤龍をデザインした「Dragon九谷」が積み上げられている。このプレイベントに合わせ数百個のカップと格闘した久田さんは、ひとつひとつ積み上げるごとに龍の魂が乗り移ったかのように顔つきが凛々しくなっていった。

カップの中にはLEDライト。ランダムに移り変わる光によって浮かび上がる龍のおどろおどろしさ。まさに神が宿る。北野さんは「光龍」と名付けた。白山に棲む龍が「いのちの水」を受けて甦る。まさしく「白山龍」が能美の地に降臨した瞬間だった。

 


201531314日 アートフェスティバル・プレイベント「GO-en」 根上総合文化会館(タント)

ある時、メンバーのひとりがつぶやいた。
「結局、ウルトラアートって何なの?」

年齢も職業も違う大人たちが一人、二人と加わり、気がつくとそれは巨大なうねりへと変わっていった。「アート」という言葉にしばられることなく、ただその瞬間々々をめいっぱい楽しんできた。このナカマこそがウルトラアートそのものなのではないか。今、私たちに必要なものは、このココロの豊かさに気づくことなのではないか・・・そんな気がしてならない。

自然、歴史、伝統、産業に至るまで、能美市にはどこにも負けないタカラがある。これらを磨き、人のつながりが深まれば深まるほど、ココロの豊かさが育まれるに違いない。

 

ウルトラアートと向き合った2年半。感情をゆさぶる得体のしれないチカラに惹きつけられ、シャッターを切り続けた。その一枚々々に映っていたのは単なるアート作品ではなく、その瞬間を生きてきたナカマたちの人生そのものだった。だからこそ、この言葉が生まれたのだろう。

 

「ライフ・イズ・アート」。

 

(了) 

戻る

  

 

 

 



 

 

写真・文  中 武守

ウルトラアートde元気プロジェクト

能美市在住


コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    なっちゅ (火曜日, 15 9月 2015 08:14)

    ウルトラアートの軌跡、一気に読ませていただきました。
    振り返ると圧巻の軌跡が残っている!
    このホームページ最高です!!

  • #2

    Mic (火曜日, 15 9月 2015 09:23)

    そうですよね。
    文章も。写真も。とてもとても素晴らしい。
    撮り続けて頂いた、アーカイブの力を感じます。
    さすが Ultra Art Media のリーダー!

  • #3

    Nakaco (火曜日, 15 9月 2015 10:08)

    ずっと撮り続けていたくなるくらい、たくさんのワクワクと暑い魂を見せてもらいました。ただただ、感謝するのみです。
    この大きなうねりが一人でも多くの人を巻き込んで、みんなでココロが豊かになれば嬉しいです!

  • #4

    gucci (水曜日, 16 9月 2015 11:55)

    本当に皆さんには頭の下がる思いです。

    白山と手取川とそして龍がつなぐご縁ですね。

  • #5

    Naru (水曜日, 23 9月 2015 22:56)

    こんな素晴らしい『場』にご縁を頂けたこと、本当に嬉しく思います。

    ありがとうございます。

    精一杯!させて頂きます!

  • #6

    pure (土曜日, 24 10月 2015 12:35)

    あらためて、中さん、ありがとうございます!
    こうやって見返してみると本当に感慨深いです。。
    まだ後半戦にさしかかったのみフェス、まだまだ楽しみいっぱいですよね!
    ライフ・イズ・アート!

  • #7

    シュプリーム コピー (金曜日, 10 8月 2018 10:18)

    ちょっぴりレトロな雰囲気の花柄が一面に散りばめられた存在感のあるシュプリーム 通販のキャップです。偽物 ブランド 激安 http://www.hxqiu.com フロントには、ボックスロゴが刺繍さ照れます。メンズライクになりがちなキャップも、花柄刺繍入りなので可愛らしくやわらかい印象に。シュプリーム コピー http://www.hxqiu.com/?brand-190.html アジャスター付きで簡単にサイズ調整が可能になっています。シンプルなデザインでカジュアルはもちろん、ワンピースやロングスカートなど着こなしの外しとしても◎。プレゼントにもおすすめのアイテムです。

  • #8

    コピー 優良店 (火曜日, 16 10月 2018 00:30)

    (ブランド コピー 優良店iwgoods):主にブランド スーパーコピー バーバリー BURBERRY コピー通販販売の時計,バック,財www.iwgoods.com/buranndo-50-c0/布,マフラーセット,服459n8f.copyhim.comバーバリー 時計 偽物™,靴,ベルト,ネクタイ,メガネ,ジーンズ,iphone6/5/4ケース カバー,雑貨小物,バーバリー 時計 偽物,バーバリー財布コピー,バーバリーバッグコピー,バーバリー コピー 服などを提供しております,品質保証,安心してご購入ください!

  • #9

    フェンディ コピー 激安 (火曜日, 20 11月 2018 17:57)


    http://www.keevoo.com/brand-326.html フェンディ コピー 激安軽く、柔らかく吸い付くような足ざわりのレザーに、足裏のシェイプにフィットするフルアナトミカルラストが心地良さを提供します。 http://www.keevoo.com/ ブランド 品 激安 通販